• kijomitsuru

スクショした写真の街へ…ノルウェー、トロムセー冒険記

更新日:2020年4月19日

私は、instagramなんかで気に入った写真を発見すると、結構な頻度でそれらを保存する。

良いなと思った料理の盛り付けやテーブルコーディネートを真似してみたり、行ってみたいと心掴まれた景色などなどを、すかさず保存させて頂く。


その夜、私は越路吹雪さんのコンサートに出演する為に、当時住んでいたフランクフルトの我家を1週間程離れ、日本の実家に帰っていた(この時、旦那さんは旅公演中で、奇しくも彼はなんとドイツのエッセンという街に滞在しており、我々は日本で再会することが出来なかった)。


両親が寝静まった頃、時差ぼけにより未だギンギンに目が覚めた状態の私は、いつものようにinstagramを覗いていた。


と、、そんな私の冴えまくった眼玉の中に、一枚の美しい写真が飛び込んできたのだった。



「、、、なんだこれは」



息を飲む程美しい街のその姿に、私は一瞬で一目惚れをしてしまった。



真っ白で荘厳な雪山が、まるで街を飲み込む様に包んでいる。その飲み込まれそうな街は、どこか可愛らしくなぜか暖かく見える。




私はその写真をスクショし、保存した。

惚れてしまった人間のやることは早い。

私は直ぐに、この"トロムセー"という現実離れした村なのか街なのかが、一体何処にあるのかを調べた。(Googleさんありがとう)



「ここだ、トロムセー、、ノルウェーだ」  

そしてそのほんの10分後、、私はトロムセーまでの格安航空券をポチッとしていた。(あれまー)



こうして、夢のトロムセー旅行は無事に幕を開けたのだった、、めでたしめでたし…


写真:私が一目惚れした街(トロムセー、ノルウェー)


〜つづく〜


 🌲  🌲  🌲  🌲  🌲  🌲

「ここだ、、トロムセー、ノルウェーだ。」