• kijomitsuru

おめでたい夜 〜旦那さまのお誕生日編〜


先日は愛する旦那さまのお誕生日だった。

めでたすぎるではないか。

ということで頑張っちゃったよ私!

今回は人生で初めて、抹茶ショートケーキ作りにトライしてみた。

正直な話、お菓子作りはあまり好きじゃない。(嫌い寄り)

"お料理"は大好きなのだが、"お菓子作り"って出来上がるまで味が分からないじゃない。汗水垂らして出来上がったのを食べてみたら、あらまあとても微妙だった、なーんてことになったらきっと泣いちゃう。


お菓子は、お店に行けばプロ様たちの手掛けた、美味っしいやつが一個たったの数百円とかで手に入る。それならお店で買えばいいじゃない!となるのである。

だがしかし。


今年の私は違ったのだよ。


ひとつ大人の階段をのぼってしまったのだよ。(たぶん)





 

まずは、ケーキの上にのせるクッキー作り。


写真:小さく脆い為、割れたとき様に何個も保険を。


写真:余った生地でちゃっかりミニショートブレッドを。

この子たちを摘み食いしながらケーキ作りに励みました、皆ありがとう。




今回は、いつもよりも少し香ばし目に焼いて、白一色でアイシング。


写真 : 吹き出し型かわゆい

因みに私はアイシングが大好きで(※これは私の中でお菓子作り枠ではなく、お絵描き枠)、宝塚時代からよく作っていた。(高い確率で夜鍋。気付くと朝だった🖤)


好きな音楽を聴きながら、ただひたすら大量生産する感じが、非常に良き。。。


写真:昔、イギリスから大好きな親友家族が宝塚の我が家に泊まりに来てくれた時に焼いたもの。懐かしい。





そして、土台となるケーキをつくって、トッピングしてゆく。


ここが一番楽しい。




準人くん喜んでくれるかな。(どきどき)

待ちに待った12時を迎え、2人で乾杯をし、無事にケーキ入刀。


(断面が、地層みたいにぐにゃぐにゃだったらどうしよう、、、)

と、かなり心配だったが、無事に真っ直ぐであった。

ほっ。


そして本当の本番は、当日のディナー。

一流シェフ(私のことですごめんなさい)による、フルコースを振る舞います。

パーン!(※シンバルの音)

写真 : 森のレストラン招待券(本人のみ有効)

     🍽 🍽 🍽


一つ目の前菜:

"こだわり鮮魚のカルパッチョ 〜海の宝石と共に〜"



因みに、料理のネーミングを考えていた際に、「メニューを見ただけでどんな料理が来るか予想できちゃうのはつまらないなぁ、、」と思い、


例えばカルパッチョを

"泳いでいた生命体達と赤い宝石"などという一風変わった、決して想像し易くないネーミングを考え作っていた。


だが二品目にして既に案が全く無くなり(早)、この挑戦的な企画は白紙となった。




二つ目の前菜 :

"ホタルイカの何か 〜小松菜ジェノベーゼソースと共に〜"


本日のスープ :

"栗のポタージュ 〜パンと共に〜"



本日の魚料理 :

"鱈のムニエル 〜舞茸ソースと共に〜"


本日の肉料理 :

"子羊のオーブン焼 〜夏野菜と共に〜"


であった。

もう少し手際良く、ぱぱっとささっと格好良くお料理出来るようになりたいな。


写真:ドラえもんよ、広い台所をください





そしてそして。

この日、愛する我らの友人達がとても素敵なビデオメッセージを作り送ってくれたのだった。



しかも、世界各地から!🌎






(優しくて面白くてあったかくて、、編集しながら友人達の持つセンスに感動し、何回も再生しては、うるうるしていたのは此処だけの秘密。)





準人くん、本当にお誕生日おめでとう🌷✨

写真:世界一のパートナー準人氏と。(ドイツ、ドライアイヒにて)



See you soon ! 👩‍🍳

  🎂 🌱 🎂 🌱 🎂 🌱 🎂 🌱